ライフプランニングに関わる私たちが金融商品について情報提供することで資産運用を身近に感じてもらいたい | ファイナンシャル学院
受講者の声
  • HOME
  • 受講者の声
  • ライフプランニングに関わる私たちが金融商品について情報提供することで資産運用を身近に感じてもらいたい

ライフプランニングに関わる私たちが金融商品について情報提供することで資産運用を身近に感じてもらいたい

株式会社 FPラボ 代表取締役
2021年度MDRT成績資格会員 COT会員

藤井 講治 様

1.ファイナンシャル学院に参加された目的をお聞かせください

自身の金融知識を高めることで、お客様への資産コンサル力UPやセミナー形式での資産運用に関する情報提供など、より積極的に取り組みたいと考えたのが受講のきっかけでした。またお客様だけではなく、従業員や提携している住宅メーカーの方々へ知識の共有をすることで、自分が核となり正しい金融知識をさらに広げていきたいと思い受講しました。

2.ファイナンシャル学院を受講された感想をお願いします。

お客様との商談の中でもふとしたときに話せる経済ネタの幅が広がっています。講義の中では集中的に短時間で学ぶことを繰り返しているので、お客様からの質問にも的確に端的に回答するスキルが身に付きました。お客様の資産コンサルを実施する際に使用できるツールも役立っています。『人間の魅力は引き出しの数』だと思いますので、さらに学びを深めていきたいと思います。

3.受講後どのような変化がありましたか?

お客様が保有している金融商品への的確なアドバイスが出来るようになりました。お客様からの信頼が高まっているのは、自然と生まれる紹介の件数が増えていることからも感じています。お客様が提供される金融知識に満足しているから別のお客様へ話したくなって、それを聞いたお客様が興味を持って尋ねてきてくれる、こんな循環が勝手に生まれています。

4.今後受講を検討している方へ一言お願いいたします

F学は金融のスキルアップをするなら絶好の場だと思います。受講生のレベルに合わせた金融知識の強化に留まらず、全国にいる受講生との情報交換まで準備されているので、知識の習得から伝達力強化までスキルアップできるのが魅力だと感じています。資産運用業に携わる仲間同士の情報交換だからこそ、自身のレベル感の把握にも使えますし・改善にも繋げられています。
日本では保険を身近に感じる人は多いですが、株式や投資信託など金融商品になると少し距離を感じる人が多いのが現実かと思います。ライフプランニングに関わる私たちが金融商品について情報提供することで資産運用を身近に感じてもらうことに繋がり、日本人の金融リテラシー向上に貢献できるかと考えています。
もし迷っている人がいれば、同志の仲間作りとスキルアップのために一度F学の学びを体験することで新しい道が開けると思います。

F学クラウド blank 無料カウンセリング お申込み